食材と無添加にこだわった保育園・幼稚園弁当をお届けします。レモン株式会社
電話番号 092-452-5320
トップページ > レモンのこだわり > 食のこだわり

レモンのこだわり


毎日食べるお弁当だから身体に良いものを食べて欲しい!


「食育ブーム」と言いながらも、世の中には添加物まみれの加工品や輸入農産物があふれています。そのような中、「安心安全な食を子ども達へ・・」と願う若いお父さん、お母さん達が確実に増えています。

レモンは、「食」を通して、豊かで楽しく夢あふれた未来のために、安心安全な食をお届けします!


当社の無添加弁当は昔ながらの昆布・かつおぶし・椎茸からだしをとり、科学調味料は一切使わず、防腐材や保存料の使用もせず、昔ながらの手法で一品一品心を込めて作っております。

子ども達が口にするものだからこそ 子どもたちの身体を作るものだからこそ 無添加、無農薬にこだわりました。


完全無添加、無農薬の元気野菜を使用

凍菜は一切使用していません。

素材そのものの生命力を大切に

体の燃料としての「カロリー」ではなく、命をつくる食べ物の質「生命力」にこだわりました。

アレルギー対応

卵・乳製品の使用を避け、アレルギー体質の子も、他の子と同じものを食べて頂ける様に工夫しています。毎日違ったメニューでお届けしております。

五分付玄米も使用

精白していない玄米は、ぬかと胚芽を含み、水につければ芽が出る 生きたお米です。
玄米には体に嬉しい栄養がたっぷり。
白米と比較してみても、鉄やビタミンB1、ビタミンE、植物繊維など、体に必要な栄養素をバランスよく、しかも豊富に含んでいます。


安心・安全な無添加、無農薬弁当


私たちの身体を作ってくれるものだからこそ、無添加、無農薬にこだわりたい

「人はたべもののおばげ」ともいわれます。今私たちに大切なのは身体の燃料としての「カロリー」ではなく、命をつくる食べ物の質「生命力」だと考えます。健康で、楽しく、長生きするためにも無添加、無農薬にこだわります。

5年後、10年後の健康を考え、防腐剤、保存料、科学調味料など添加物は使用せず、自然の状態で昔ながらの手法で調理しています。


合成食品添加物ってそんなに怖いの?

合成食品添加物は安い原料を改良、補強し、色・香をつけて、味を整え、長持ちさせるもので、見かけの食生活を豊かに、便利にしてくれます。
でもそれは、それぞれの目的で使用される化学物質であり、科学的に合成したものです。それに、食べ物としての歴史は浅いものです。天然に存在する食品は、これまでの長い時間が実証していますが、合繊食品添加物は今、安全性が問われています。あまり考えたことがないかもしれませんが、「ラーメンスープ」というからには、「しょうゆスープ」「味噌スープ」「とんこつスープ」などを最初に作っておいて、それを濃縮加工して粉末にしているのでは・・・そう思っている人が圧倒的に多いはずです。
でも、そうではありあません。そんな事をしていたら、とてもあのような低価格では売れません。
「白い粉(添加物)」を調合して、ラーメンスープをつくるのです。安いものは理由があるんですね。

私たちは、どんな添加物がどの食品にどれほど使われているのか想像することさえできないのが現状です。
それに、私たちの食生活から添加物を「ゼロ」にするのは、現実問題として不可能です。

「添加物は危険だからやめろ」「あれは、食べてはいけない」「そんなふうに作られているなら、食べたくない」「高いお金を出しても、無添加のものがいい」「安全性も大事だけど、やっぱり安いほうがいい」「そもそも添加物に関心がないし、気にしない」そのどれを選ぶかは、消費者の自由です。
そのためには、まず「事実」を知ることが、大切なのではないでしょうか。安さや、便利さの代わりに私たちは何かを失ってはいないでしょうか。


レモンの目指すもの

江戸時代の有名な占い師の水野南北は、その占いの極意として「食が運命を左右する」といっています。たとえ悪い運命の下に生まれてきても、食を慎んで腹八分目にすれば、運命が好転する。また、非常にすばらしい運命に生まれついても、食をおろそかにして、大食いすれば、運命が悪くなり、不幸な出来事や失敗が増えるというわけです。マクロビオティックのすごさは、生理的な面に働くだけでなく、その人のこころの持ち方を含めた波動の世界を調整してくれるところです。少食にして血液や細胞がきれいになると、宇宙の細かい波動がスムーズに入ってき、ひらめきやインスピレーションなどの直感力が豊かになります。また、一瞬一瞬の判断が正確になると、運命が好転していきます。さらに大きな命の「生かされている」という感謝のこころや、人に対する思いやりのこころが生まれてきます。マクロビオティックの創始者・桜沢如一氏が「食物の無いところに生命現象なし」といっています。すべての命は食べ物からくるということです。今、大切なのは、体の燃料としての「カロリー」ではなく、命をつくる食べ物の質「生命力」ではないでしょうか。食べ物の質の吟味が血液の善し悪しを左右し、その血液の質が体質の善し悪しを決定します。マクロビオティックの目指すものは、人間の判断力を高め、すべての人が思いやりによって結ばれた世界を築くことです。そのためには、食のとり方という切り口から入って、徐々に細胞を浄化し、宇宙エネルギーと共鳴できるからだに調整していくことです。マクロビオティックを単なる長寿法としてとらえるのではなく、より美しい生き方をするための方法としてとらえます。

レモンは、こうしたマクロビオティックの考え方に賛同し、現代社会の様々な問題点の背景に食の問題が潜んでいると考えます。「食が乱れると人心が乱れる」とよく言われますが、今一度「食」を見直し、「人に良いと書いて食」の言葉のように、大自然のチカラをいただき、おいしく!楽しく!健康に!毎日を暮らしていくためのお手伝いが少しでもできれば!と思っています。


有機無農薬の元気野菜、元気無農薬玄米を使用しています。